経済社会に於ける私達の金銭取引は基本、相互信用を前提とする信用取引が大前提です。「売掛」すなわち商品あるいはサービスを先に供給から、約束の期日までに双方合意の金額を決済してもらえるのが「当然」と仮定した上での取引ですが、何らかの理由でこの約束が遵守されない場合、未払金額分すなわち債権が発生します。

当初はあくまで穏便に未決済の旨の連絡からの督促を通じ、速やかな支払いと謝罪のリターンを通じ、双方の取引関係の継続となるのが大半の流れですが、時に複数回の督促にも債務者側が応じない場合、状況は深刻となって当然です。このように債権者側の自力回収が困難となった場合、第三者すなわち法的対応が可能な弁護士への相談からの債権回収依頼が選択肢として浮上します。

ですがプロフェッショナルである弁護士に仕事を依頼する以上、所定の費用の負担が避けられません。時に未回収金額に対して諸費用が上回ってしまう、回収に手間取り費用が膨らんでしまうなど、弁護士に依頼しての早期解決なる青写真が根底から覆ってしまうケースも多々見られ、依頼者すなわち債権者としては、少しでも弁護士費用負担を抑える方法での依頼を慎重に検討する必要性が見過ごせません。債権回収はこのように、単に弁護士に一任すれば簡単に解決するとは限らない問題です。

Pocket