多くの弁護士事務所では、各々が定めた所定の費用を依頼者側が無条件で負担する料金体系が採用されています。例えば裁判所を通じての債権回収に際しては、民事調停を始めとする所定の手続きを通じ、債権の存在を公的に証明する作業が求められ、一連の作業を弁護士に依頼する場合、所定の実費プラス弁護士への着手金の負担が避けられません。こうした諸々の総額を一概に相場で語る事は出来ませんが、最低でも数十万円単位に及ぶ展開が避けられず、この時点で金額面の検証作業が欠かせません。

更に弁護士の努力にも関わらず、債務者側の期待を裏切る対応などが原因でトラブルが中長期化してしまった場合、必然的に依頼者側の費用負担が膨らみ続けてしまいます。こうしたデメリットを回避する意味でお薦めなのが、成功報酬プランと称される、弁護士の債権回収成果に応じて依頼者が支払う報酬が変動する条件での依頼です。

債権回収が依頼者の希望に添わなかった場合、弁護士側の報酬が減少するため、弁護士にとって不利なイメージが連想されますが、債権回収に自信と実績を有する弁護士にとっては、より効率良いビジネスとしての依頼と捉えられるプランであり、依頼者双方にとっても好条件と捉えられます。視点を変えればこの成功報酬プランを積極的に相談者に提示する弁護士事務所であれば、それだけ債権回収に自信を有しているとの判断材料にも繋がります。

関連サイト≪アディーレ:債権回収費用相場≫

Pocket