注目の成功報酬プラン

多くの弁護士事務所では、各々が定めた所定の費用を依頼者側が無条件で負担する料金体系が採用されています。例えば裁判所を通じての債権回収に際しては、民事調停を始めとする所定の手続きを通じ、債権の存在を公的に証明する作業が求められ、一連の作業を弁護士に依頼する場合、所定の実費プラス弁護士への着手金の負担が避けられません。こうした諸々の総額を一概に相場で語る事は出来ませんが、最低でも数十万円単位に及ぶ展開が避けられず、この時点で金額面の検証作業が欠かせません。

更に弁護士の努力にも関わらず、債務者側の期待を裏切る対応などが原因でトラブルが中長期化してしまった場合、必然的に依頼者側の費用負担が膨らみ続けてしまいます。こうしたデメリットを回避する意味でお薦めなのが、成功報酬プランと称される、弁護士の債権回収成果に応じて依頼者が支払う報酬が変動する条件での依頼です。

債権回収が依頼者の希望に添わなかった場合、弁護士側の報酬が減少するため、弁護士にとって不利なイメージが連想されますが、債権回収に自信と実績を有する弁護士にとっては、より効率良いビジネスとしての依頼と捉えられるプランであり、依頼者双方にとっても好条件と捉えられます。視点を変えればこの成功報酬プランを積極的に相談者に提示する弁護士事務所であれば、それだけ債権回収に自信を有しているとの判断材料にも繋がります。

Pocket

弁護士へ相談に際して

債権回収依頼は弁護士への相談内容の中でも大きな比率を占める案件であり、全国各地の債権回収に強いと評判の弁護士事務所では、積極的に無料相談窓口を開設しています。通常弁護士との最初の対面すなわち相談に際しては、各々が定める所定の相談料が時間に応じて発生しますが、少しでも費用を抑えたいのであれば、こうしたサービスの活用が見過ごせません。

但し無料相談は原則1人最初の1回限りで時間制限も有り、あくまで相談で無料で問題解決に動いてもらえる訳ではありません。面談に臨むに際しては相談内容を簡潔に資料にまとめ、短時間で確実に弁護士に伝えられる準備の徹底が求められます。同時にそこから正式依頼の流れとなるケースも想定の上、質問確認したい内容を準備しておきましょう。弁護士からは必要となる費用面の説明が為されますので、疑問点を曖昧なままにしない姿勢も大切です。

ちなみに債権回収分野で確かな実績を誇る弁護士事務所の公式サイトでは、費用面に関する詳しい内訳や説明、更には料金体系をわかりやすく明記配信しています。相談先の弁護士事務所の選択に際し、こうした公的資料の信憑性や感じられる誠意を参考にされるのも一案です。弁護士費用負担を抑えて確実な債権回収を完了するに際しては、こうした一連の初動が「鍵」だと覚えておいてください。

Pocket

債権回収を理解する

経済社会に於ける私達の金銭取引は基本、相互信用を前提とする信用取引が大前提です。「売掛」すなわち商品あるいはサービスを先に供給から、約束の期日までに双方合意の金額を決済してもらえるのが「当然」と仮定した上での取引ですが、何らかの理由でこの約束が遵守されない場合、未払金額分すなわち債権が発生します。

当初はあくまで穏便に未決済の旨の連絡からの督促を通じ、速やかな支払いと謝罪のリターンを通じ、双方の取引関係の継続となるのが大半の流れですが、時に複数回の督促にも債務者側が応じない場合、状況は深刻となって当然です。このように債権者側の自力回収が困難となった場合、第三者すなわち法的対応が可能な弁護士への相談からの債権回収依頼が選択肢として浮上します。

ですがプロフェッショナルである弁護士に仕事を依頼する以上、所定の費用の負担が避けられません。時に未回収金額に対して諸費用が上回ってしまう、回収に手間取り費用が膨らんでしまうなど、弁護士に依頼しての早期解決なる青写真が根底から覆ってしまうケースも多々見られ、依頼者すなわち債権者としては、少しでも弁護士費用負担を抑える方法での依頼を慎重に検討する必要性が見過ごせません。債権回収はこのように、単に弁護士に一任すれば簡単に解決するとは限らない問題です。

Pocket

確実な節約債権回収

元来決済してもらうべき金額の支払いが為されず、度重なる再請求にも応じる素振りが見られぬ場合、然るべき手段を用いて未決済金額の回収を行わざるを得ません。これを債権回収と称しますが、多くの場合こうした状況に陥った場合、債権者単独での回収が既に困難な状況であるケースが多く、然るべき第三者のヘルプすなわち債権回収依頼が選択肢に浮上します。

ですが第三者へこういた作業の代行を依頼すれば、当然報酬を始めとする諸費用の更なる負担が避けられません。相談依頼先は弁護士というパターンが一般的ですが、未回収金額に対して弁護士費用が割高、更には最終的に費用総額が上回ってしまうなど、結果的に「形式上は回収出来るも金額的には更に持ち出し」という事例も後を絶たず、債権者側にとっては頭の痛いところです。実際に一時の感情から冷静さを見失い、債権回収を完了する部分だけに意識を集中から意地になってしまう方々は潜在的に数多く、いわゆる「弁護士費用倒れ」へと自ら歩を進めてしまう展開が後を絶っていないのが現状です。

ここでは以下、こうした悪循環に陥らぬために不可欠な、弁護士費用を確実に抑える上で見逃せない成功報酬型プランのご紹介とその内容、さらにはメリットなどをご紹介します。皆さんが突然債権回収作業が求められる立ち位置となる可能性はゼロとは言えません。最後までご一読から予備知識としてご確認の上、有事に備えていただければ幸いです。

Pocket